働き方

1年リモートワークして感じたメリット・デメリット

リモートワーク

 

このりあ
このりあ
こんにちは、このりあです。現在リモートワークを利用して働いてます

・リモートワークって憧れるけど実際どうなの?
・メリットもあるけどデメリットもあるんでしょ?

と疑問をお持ちの方の悩みを解決できる記事になっています。

なぜなら僕自身、1年間リモートワークを利用して働いている経験があるからです。

この記事では僕がリモートワークで感じた感想も踏まえ、メリットやデメリットを紹介します。

 

リモートワークは生産性が上がる

pc2

先に結論を話すと、リモートワークはメリットの方が大きいです。

なぜならリモートワークで働くと生産性が爆上がりするからです。

実際に僕は、会社で働く時より1.5倍アウトプット量が上がっています。

メリットについて詳しく説明します。

 

リモートワークのメリットは3つ

pc3

僕がリモートワークで働いて、実際に感じたメリットは以下の3つです。

・電車通勤がなくなる

・モチベーションを管理できる

・身だしなみに気を使わない

 

電車通勤がなくなる

電車通勤がなくなるだけで得られるメリットはたくさんあります。

・通勤ラッシュ、帰宅ラッシュの通勤ストレスがなくなる

・通勤時間(僕の場合は往復2時間)がプライベートの時間に変わる

・感染症などのリスクが減る

満員電車は出社するだけで疲れてしまい、仕事のモチベーションが下がり生産性も下がる悪循環です。

通勤時間を読書や勉強など有効的に使いたいですが、本を広げるのはもちろんスマホを見るのでさえ集中できません。

個人的にリモートワークを使ってる一番のメリットはこれですね。

モチベーションを管理できる

仕事へのモチベーションを自分で管理できます。

なぜなら1日のスケジュールを自分で組めるからです。

例えば僕の1日のタイムスケジュールはこちら。

8:30   起床。シャワー,朝ごはんを食べてまったり過ごす

10:00 カフェに移動して仕事開始

13:30 ランチ

15:00  カフェで仕事再開

17:00  休憩がてら犬の散歩

17:30  自宅で仕事再開

19:30  仕事終了

朝はゆっくり過ごし、カフェでお気に入りのモーニングを食べてから仕事を開始します。

自分が一番集中できる状態環境を作れるのはリモートワークだからこそです。

身だしなみに気を使わない

リモートワークは好きな服装で働けます。

堅苦しいスーツなど着る必要がありません。女性の場合だと、朝早く起きて化粧したりする時間も無くなります。

ちょっとした開放感があって仕事のモチベーションも上がりますよね。

 

リモートワークのデメリットは3つ

pc4

反対に僕が感じたリモートワークのデメリットは下記の3つです。

・コミュニケーションが取りづらい

・自己管理をする必要がある

・成果が評価されづらい

順番に説明します。

 

コミュニケーションが取りづらい

リモートワークで離れた場所で仕事しているとコミュニケーションに困る場合があります。

例えば以下の様な場合です。

・相手の状況がわからない

・会話だとすぐ決まることをメールで何通もやり取りする

・会議や打ち合わせなど対面で話したい

リモートワークと聞いて、多くの人が同じ悩みを思い浮かべるのではないでしょうか。

実はこれらはICTを利用することで解決できます。

ICT(Information and Communication Technology)は「情報通信技術」の略。

簡単に言うと、IT技術を用いてコミュニケーションをとることです

 

解決方法:ICTを利用する

解決方法

・相手の状況がわからない
Googleカレンダーに自分の予定を入れておく

・会話だとすぐ決まることをメールで何通もやり取りする
Slackなどのチャットツールでコミュニケーションをとる

・会議や打ち合わせなど対面で話したい
Google Hangouts Meetでリモートから会議に参加する

ツールの詳細には触れませんが、ICTを利用することで大抵の問題を解決できます。

自己管理をする必要がある

先程メリットで「モチベーションを管理できる」と紹介しましたが、裏を返すとモチベーションを下げるのも自分次第です。

例えば自宅で働くとテレビや漫画に誘惑され、仕事へのモチベーションがどんどん下がってしまいます。

解決方法として自分なりのルールを決めるのが大切です。

解決方法:自分なりのルールを決める

例えば僕の場合、以下ルールを決めて自己管理しています。

解決方法

・仕事をする場所を毎回変えて気分を新鮮にする

・仕事を始める前に今日やることリストを作成して達成度をはかる

どうしてもモチベーションが上がらない場合、会社で仕事をするのも1つの手段です。

成果が評価されづらい

チームで仕事をする場合、働いてる場所が違うため成果が評価されづらいです。

なぜなら上司はあなたがどんな風に仕事をしているかが見えないからです。

最悪の場合、真面目に仕事をしていてもサボっていると見られる場合もあります。

解決方法は上司からの信頼を得ることです。

解決方法:日報報告をする

あなたが今日やった仕事内容を日報として必ず報告しましょう。

僕の場合だと最低限以下を報告はしています。

報告内容

■ 今日やったこと
■ 手持ちタスクの遅延:(あり/なし)
■ 共有事項(困っていること、指摘、懸念事項 など)

上司の立場で考えると、この辺は把握しておきたいはずです。

日報をちゃんと出すことで、上司からの信頼評価が上がり、リモートワークもやりやすくなります。

 

まとめ

最後にもう一度内容を確認しましょう。

リモートワークのメリット・デメリット

・メリットは3つ
 →電車通勤がなくなる
 →モチベーションを自己管理できる
 →身だしなみに気を使わない

・デメリットは3つ
 →コミュニケーションが取りづらい
 →自己管理をする必要がある
 →成果が評価されづらい

リモートワークはメリットもありますがデメリットもあります。

ですが、うまく利用すれば生産性が爆上がりします。

会社でリモートワークの制度があるなら積極的に使っていきましょう。