働き方

7年目エンジニアが語る!エンジニアとして働くメリット・デメリット

エンジニア

 

このりあ
このりあ
こんにちは、このりあです。新卒でエンジニアになって7年経ちました。

・エンジニアになるって敷居高そうだなぁ・・
・エンジニアになるメリットデメリットって?

こんな風に思ってる方に向けた記事です。

僕自身、新卒でエンジニアになってから今年で7年経ちました。

この記事では僕がエンジニアで働くメリットとデメリットをご紹介します。

 

エンジニアは誰でもなれる

pc2

エンジニアは敷居が高いイメージがありますが、IT知識が0でもなれます。

参考に当時大学生だった僕がエンジニアの道を決めた理由です。

・オンラインゲームでパソコンをよく触ってた
・かっこいいイメージがあった

他にやりたいこともなかったので、こんな理由でエンジニアへの道をスタートしました。

なんてことない理由ですね。

社会人になってから勉強を始めたので、もちろん知識は0スタートです。

 

エンジニアで働くメリット

メリット

僕が7年間エンジニアで働いて感じたメリットです。

❶機械に強くなる

❷柔軟な働き方ができる

❸需要がなくならない

順番に説明します。

 

機械に強くなる

パソコンを触る仕事なので、機械に強くなります。

ITの知識がつくので、パソコンやスマホの設定が簡単にできちゃったりします。

あとはITが絡むニュースなんかもよく理解できますね。

日常生活って意外とITが関わってるので、知識があるだけで日常が結構変わります。

このりあ
このりあ
最近だと情報漏洩のニュースが多いよね。この手のニュースも根本的な問題点がわかったりするよ。

 

柔軟な働き方ができる

エンジニア業界は他の業界と比べて柔軟な働き方の会社が多いです。

例えば僕は下記のような働き方をしています。

・髪型、服装自由
・裁量労働制
・リモートワーク

こんな感じで割と自由に働いてます。

スーツを着るのが嫌だったり、満員電車が嫌な人はオススメです。

 

需要がなくならない

この先エンジニアの需要がなくなることはありません。

なぜなら世の中がIT必須の時代になってきていて、エンジニアが圧倒的に不足してるからです。

2020年に37万人、2030年には79万人のIT人材が不足するというデータも発表されています。(引用:IT人材調査)

エンジニアは職に困る心配はなさそうなので安心ですね。

 

エンジニアで働くデメリット

デメリット

反対に僕が感じたデメリットです。

❶コミュニケーションが取りづらい

❷ずっと勉強が必要

❸ブラック企業も多い

 

コミュニケーションが取りづらい

いわゆる理屈っぽい人が多いのが業界の特徴です。

やたら早口で小声だったり、何が言いたいのか全くわからない人がたくさんいます。

そのうち慣れますが、慣れるまでは大変です。

 

ずっと勉強が必要

駆け出しエンジニアはもちろん、ベテランエンジニアもずっと勉強が必要です。

なぜならIT業界は知識量が膨大なうえに、技術のトレンドの移り変わりが激しいからです。

モダン(新しい)な技術を勉強し続けることがエンジニアとしての価値につながります。

毎日少しづつでもいいので、勉強を続けることが大切です。

 

ブラック企業が多い

ベンチャーにも大手にも共通して言えるのがブラック企業の多さです。

特に残業時間ですね。僕は前職で80時間の残業を経験しています。

会社を選ぶときは残業時間も考慮して探した方がいいです。

 

まとめ

まとめ

最後にもう一度まとめます。

エンジニアで働くメリット・デメリット

メリット
機械に強くなる
柔軟な働き方ができる
需要がなくならない
デメリット

コミュニケーションが取りづらい
ずっと勉強が必要
ブラック企業が多い
 

上記の6つが僕が感じたメリット・デメリットです。

僕は毎日満員電車に乗ってスーツを着る人生が嫌だったので、エンジニアになってよかったと思ってます。

勉強も自分のスキルや年収に繋がるので、やってて全然嫌ではないですね。学生の時の勉強とは全く違う感覚です。

エンジニアへの道を考えてる方はぜひ参考にしてみてください。